温泉写真とかいろいろ載せようと思います


by くろちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:山梨県( 7 )

e0020525_2033664.jpg

ここは再訪です
温泉博士第3弾 〆湯です。ここ無料かぁ うれしいな。。
ということで家族3人で
e0020525_20342751.jpg

げ 子供は3歳以上からしか入れないのね。ぎり3歳だけど。500円か。ついでに温泉本1冊しかなくて〆て1200円なり。@@;たかいな。
↑は食事ところなんですがメニューを見ると食事おいしそうです、今度のんびり食事込みでお風呂はいろう。
e0020525_20371290.jpg

浴場入り口付近です。床が綺麗。
e0020525_20375384.jpg

お湯もいいね。
平日の昼間なのに込んでるなぁ。
e0020525_20385599.jpg

足湯もありました。
入浴料金700円 10時~25時
入湯日 2008年5月14日
[PR]
by oukatyan | 2008-05-14 20:40 | 山梨県
e0020525_20251130.jpg

さて 温泉博士第2弾 鼓川から5キロほどのところにあります。
同じく市営 無駄に丈夫そうな建物です。
e0020525_20271939.jpg

あぅち こりゃ如何 とても遺憾 鼻がつんつんする
退散。。
e0020525_20294016.jpg

桜歌君は散歩して待機してました。

入湯日 2008年5月14日
[PR]
by oukatyan | 2008-05-14 20:30 | 山梨県

市営 鼓川温泉

e0020525_2093058.jpg

雑誌 温泉博士についていた無料入浴券を使いに来ました。
建物立派です。
e0020525_20105625.jpg

分析表
市営なので市民は少し安く入れます。
通常500円が300円。まあ私はただですが。
e0020525_20195320.jpg

なけるぜ! おっちゃん。。 カメラ故障中で携帯カメラなんですよねぇ シャッター遅すぎ。

内湯はプール。(わかるかな?)露天風呂は湯口は源泉直のようですが湯船の湯はどうかな?
そこそこ つるつるかんありました
営業時間 10時から大体21時 料金500円
[PR]
by oukatyan | 2008-05-14 20:22 | 山梨県

河口湖温泉

温泉寺。
入浴はしませんでした、大広間で待機です。
e0020525_22265053.jpg

立派な建物です。
e0020525_22284258.jpg

河口湖温泉は源泉が4本だったかな?集中管理の配湯です。
温泉を利用している施設も多く当然1つの施設で使用できる湯量が限られてきます。
[PR]
by oukatyan | 2006-01-20 22:31 | 山梨県

十谷温泉 源氏荘

山梨県と静岡県の狭間辺り。
近くには下部温泉などがあります。
今回は山梨の温泉で遊んだ帰り道に立ち寄りました。
今回利用した十谷温泉の源氏荘の近くには他に同じ十谷温泉の十谷荘と山の湯という鉱泉の宿があります。
源氏荘はこれで2度目だったかな?随分昔のことなので忘れてしまった。
十谷荘は立ち寄り入浴を断られること数十回。もう訪問することすら最近はめんどくさい。
本当に立ち寄り入浴を受け付けているのかすら怪しい。
e0020525_21572863.jpg

実に久しぶりに訪れた源氏荘。正面玄関のあたりには蛙の石像が沢山、玄関左手には飲泉場があります。全く印象に無い。様変わりしたのかな?
日帰りでの入浴をお願いすると露天風呂か内湯のどちらかのみの利用で、2時間で1000円とのこと、桜歌君(生後3ヶ月)も入れるか聞くと最初に受付していた若い衆はアルバイトだったようで判断できずご主人が現れる。
ご主人によるとお湯が強いので子供の肌にはきついかも、出来たら止めたほうが、といった感じ、こちらとしては全て了解で来ているので、まあお湯にはそんなに入らないしタオルで浸す程度と説明し了解を得ることが出来た。
このときに露天風呂の利用を申し出たのですが、なにか頑なに館内へ足を運ばれるのを拒んでいるように感じました、なぜだろう?
e0020525_2264692.jpg

露天風呂へは宿の裏手にあるつり橋を渡っていくことになります、宿の脇を流れている川は割りと幅広でつり橋からの高さは結構ある、その上簡易的な感じの橋で大変怖い。
歩くとすごくはねてトランポリン状態。桜歌君を抱いている母は慎重に行きます。
父は荷物もち、高所恐怖症で足が進まずさらに慎重に進みます。
わたりきり、少し歩くと木造の小屋が見えてきます、そこが脱衣場になります
e0020525_22125195.jpg

露天風呂は混浴となります、だから利用したんだけどね。
さすがにまだ桜歌君を1人で風呂に入れるのは難しい。男女別の浴場でも他に利用客がいなければ何とかこなせるけれど、やはり他に人がいるとまだまだ難しそうです。
実際、混浴とはいえ赤ちゃんを連れての入浴も少し無理がありそうです。
嫌がる客がいるのは確かのよう。(泣かずにおとなしく楽しそうに入浴してたけど)
来月の温泉めぐりのため実践してみましたが、すこし対応策を練り直さねば。
後ろに写っている湯口の女性の石像はずっと河童だと思っていました。
メスの河童が桶をもっているんだと。
その脇に飲泉用のお湯が出ています。
だついばにはか温、ろ過循環ありと記載がありました。
この飲泉用の湯が出ているあたりでまったりと入浴してきました。
e0020525_22221077.jpg

お風呂上りの桜歌君です。良い顔をしています。
[PR]
by oukatyan | 2005-08-16 22:25 | 山梨県
増富ラジウム温泉へ向かう途中にあるみずがき湖のほとりにあります。
小さな公園のようになっており駐車場もありました。
駐車場から湖のほとりに降りていくと、この湯の薀蓄の書かれた大きな看板があります。
湯はその横でかなりの量が掛け捨てられています。
e0020525_2355592.jpg

地中から伸びているパイプの先には小さな浴槽?(恐らくプランター)があり何のためかは良くわからないが一度湯は溜められている。
e0020525_239876.jpg

透明な湯はかなりの量パイプから出てくる、においは特に無い、湯に触れるとかなり冷たい
プランターは良い大きさなので桜歌くんは余裕で入浴出来るサイズですが、少し湯が冷たすぎる、ついでにもが大量に発生してすごい状態になっている。
e0020525_23144120.jpg

コケや藻の掃除をして綺麗にしてきました。
桜歌君の入浴は無理、足湯だけ。
掃除している間にかなり沢山の方が此処を訪れてくる。
ペットボトルを手に持ち湯を汲んでかえる人が多い。大量に飲んでも大丈夫なのでしょうか。
私たちも飲んでみました、塩水に炭酸を溶かしたような味です、あまり美味しくは無い。
e0020525_23194220.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-08-15 23:19 | 山梨県
今回は山梨県の須玉町にある増富ラジウム温泉に遊びに行きました。
今回利用したのは古湯 金泉湯です。
父と母は何度か過去に訪問しています。
増富の温泉宿が並ぶ道を登ってきて途中からわき道を登っていきます。
駐車場まで車で登れるのですが(当然なのですが)道が狭いので注意です。。
車を止めて宿まで少し歩くことになります。
e0020525_22153519.jpg

結構坂のきつい道です。
重たくなった桜歌君を抱えて上るのはしんどいです。気温は31度。でも木陰は割りと涼しいです。
歩くこと10分ほど、宿が見えてきました。
e0020525_22172395.jpg

玄関前で記念撮影。
桜歌くんは気持ちよく寝てしまっています。
e0020525_22193691.jpg

此処は湯治の宿です。
効能が全国的に知られており、いろんな方が入浴されに来ます。
お風呂が混浴のものと女性用の内湯になります。桜歌君が入浴するにはハードルが少し高めです。
入浴をお願いすると受付では何時も「うちは混浴ですがいいですか?」と聞かれる。
子供の入浴は大丈夫なのか聞くと良いとのこと。桜歌くんは無料でした。
お盆の時期をはずし平日で尚且つ朝の早い時間をねらって訪れ、他のお客さんと遭遇しないように出来る限り人のいなさそうなときを狙った。
が、、
大混雑。女性用も混雑。桜歌君の入浴は止めようかとも考えたけどレッツトライ。
掛け湯でぐずりだす、源泉の浴槽はもう入れないくらい人が入っている。
仕方ないので加熱されているほうへ、桜歌君には少し熱め、壁のスイッチを入れるとこの加熱槽のほうにも源泉が投入されて湯加減の調整が出来ます。
湯治客らしき方が声を掛けてくれたので甘えて少し温くさせてもらう。
しかし、桜歌君、入浴すると同時に泣き出す、結局このときはお風呂でおっぱい飲んで退散です。
仕方ないので父と母だけ変わりばんこに桜歌君と待機、順番に入浴することにしました。
そんなことやっているうちに女性用のほうが誰もいなくなりチャンス。
母は桜歌君を連れて入浴。今度は桜歌君も静かに入浴出来たようです。
ただ、源泉槽は桜歌くんには刺激的で最初は少し冷たそうにしていたようです。
タオルに浸してお腹のあせもを拭いたりしてました。
e0020525_22374181.jpg

上の写真の桜歌くんは少しかわいそう。足がヒヤッとしてびっくりして泣き出すところです。
e0020525_22391499.jpg

お風呂上りは体がぽかぽか、桜歌君も気持ちよさそうにしています。
[PR]
by oukatyan | 2005-08-15 22:39 | 山梨県