温泉写真とかいろいろ載せようと思います


by くろちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:大分県( 16 )

鍋山の湯

e0020525_23413222.jpg

駐車スペースからのアプローチが整地されていて少し楽になりましたね
数年前に泥湯まで出来たりして
ここは景色が良いですね
別府湾がよく見えます
近くまで車でいけます
[PR]
by oukatyan | 2010-04-07 23:43 | 大分県

へビン湯

e0020525_2336363.jpg

別府の有名な野湯ですね
訪別時には必ず訪問しているようです
サングラスの兄ちゃんがエライ浮いてたけど
まあ 満足の行く湯です
どんどんと湯船が増えていましたが現在の状況で落ち着いたようですね
今は湯船4箇所一番上が湯が新鮮でやや熱め
写真の入浴しているところが適温かな?その下に2つありますが
上流からの湯が流れ込んでいるので 少し湯が汚いですね
傍まで車でいけます
[PR]
by oukatyan | 2010-04-07 23:40 | 大分県

七里田温泉

下湯です。
此処は長い間温泉マニアの間でひた隠しにされていた湯ですが、最近はメディアに出ることも多くなりネット検索でも随分引っかかるようになりました、何より管理されている方々がネット上で公開されているので隠しても仕方ないので実名でアップです。

いまさら説明も要らないくらい実は知る人ぞ知る有名な湯処で炭酸の含有量は恐らく此処が一番なのではないでしょうか?
私が始めて此処を訪れたときは、まだ一般にそれほど知られていなくて人づてに情報を得て存在を知りました。その頃は今のような入浴のシステムでなく、下湯の鍵を借りての入浴でした、お湯もあまり人が来ないようでオレンジ入りの藻のようなものが湯船に沢山浮いている状態でしたが、今はすっかり綺麗になってます。
相変わらずの炭酸の泡つきで湯船に体を沈めると気泡がぶくぶくぶくぶくぶくとすごいことになります、桜歌くんは入浴しながら手足をバタバタさせるので攪拌されて余計に泡が発生してました。天気が良かったためか常連さんの話だといつもより湯温が高いようでしたそれでも39度前後くらいかな。
気持ちがよくて随分長湯してしまいました。
e0020525_1852565.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 23:12 | 大分県

長湯温泉

カニ湯です。
長湯の町を流れる川のほとりにあります。
混浴の露天風呂で無料24時間利用可能です。
駐車場がないので車で行くと少し困る。
打たせ湯が出来ていたりとあたりの様子が少し変化していた。
橋の下に簡易脱衣場がありそちらに荷物をおきます。
ぬるめの湯なのですが日差しが強くあたりの石が恐ろしく熱くなっていてはだしで動き回るのにしんどい状況でした。天日でお湯も少し加熱されていた。
e0020525_1733682.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 17:04 | 大分県

川西温泉

農村健康交流センターの湯です。
川西農産物直売所の湯でも通じるのかな?
e0020525_16433316.jpg

湯布院から210号線を湯平温泉方面へ向かうと途中左手に出てきます。
農産物直売所に併設されているので施設全体の規模は割と大きい。
駐車場も完備している。
e0020525_16435643.jpg

温泉浴場は直売所より上手にあります。
入り口はコイン投入型のもので100円投入すると進入可能になります。
桜歌くんは抱っこされて入ったのでただで進入。
e0020525_16442994.jpg

浴場はとてもしっかりしたものでとても100円で入浴できるものとは思えません。
利用客も少ないのか、しばらく利用して様子を見ていましたが誰も来ないので男湯のほうで
桜歌くんは入浴しました。
浴場へあまり日が差さないのが残念かな。
[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 16:46 | 大分県

荒木温泉

荒木共同浴場です。
湯布院にも沢山の共同浴場が現存しています。
此処はさる方に教えていただきぜひ入浴したかった共同湯です。
由布院駅から南由布院駅に向かう途中にあります。
線路沿いにぽつんと湯小屋が立っていてとても哀愁のある浴場です。
e0020525_15523318.jpg

小さな湯小屋なのですが浴室は男女別になっています。
一畳ほどの湯船に熱い湯が掛け流しにされています。
とても桜歌くんは入れそうになくやはり加水して入りました。ちゃんと水道も来ているのです。
桜歌君マニアックなお風呂ばかり入ってますね。
e0020525_15582480.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 15:58 | 大分県

塚原温泉

塚原温泉に来ました。
何度か入浴を試みていますが何時も九州に来るのが年末年始でこちらの温泉は閉業している時期なのでこれまで入浴することが出来ませんでした。
今回やっと念願叶い入浴できました。
e0020525_15212490.jpg

桜歌くんは此処から別府八湯温泉道にチャレンジです。
先に入ったへビン湯やつるの湯も写真を観光協会に送ると判を押してもらえるらしい。
正確には此処で3つ目ですね。(入湯日は8月31日です。)
男女別の浴室も覗いてきましたが桜歌君には少し大変そうなので家族風呂を借りました。
e0020525_1534525.jpg

この家族風呂の浴舎に並んで露天風呂の浴舎がありましたがお湯は張られていませんでした。
家族風呂は他にも棟がありました。
生憎天気が悪く切がはってしまっています。

さあ、いよいよ入浴です、準備万端の桜歌君です。
e0020525_15375622.jpg

なぜか浴室にたらいがあり、まずこれで桜歌君入浴。(単に面白そうだったので)
e0020525_15392230.jpg

たらいの湯は随分と加水してあります。
お湯の温度は丁度よいのですが、酸性度が強いので赤ちゃんお肌には恐らくきついと思います
桜歌君をたらいで入れている間に父とは母浴槽のほうで湯を満喫です。
最後に桜歌君も普通の浴槽で入浴です。(やはり加水して)
お湯は湯口を捻ると源泉が流れ込んでくるので後の人のためにお湯の状態を元に戻して退散です。家族風呂は壁が薄いので隣の入浴客の声が良く響いてきます。
塚原温泉にあるぼっけは生憎の天気のために見学できませんでした。
e0020525_15444136.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 15:44 | 大分県

鉄輪温泉

神和苑。
むか~しむかし随分昔に、夜立ち寄り入浴しています。
今の奥さんと付き合い始めて初めて別府へ来たときです、夜山道を抜けて20時ごろだったかな?入浴をさせてもらいました。そのときは中庭にある家族風呂を利用させていただきました。
今回は息子を連れての再訪となりました。
もう10年以上も昔のことで全く今回初めてに近い状態です。
かまど地獄のほうからフロントに上ってきましたが少し歩くようになります。
暑い時期子供を抱えて上るのが結構しんどかったなぁ。
e0020525_1315544.jpg

お風呂は男女別の内湯と露天風呂です。
男湯は丁度清掃を終えたばかりで露天風呂の1つもお湯を入れ替えたばかりでした。
女性用のお風呂はまだ清掃中で桜歌君と母はしばらく待機です。
入れ替えたばかりの湯は透明で、時間が経つのと共に青みが増していきます。
この日一番青かったのは内湯でした、それぞれの湯船の湯は時間差で入れ替えられているのでそれぞれ色が違っています。
父が一人でぬくぬくと湯を楽しんでいる間桜歌くんは寝てしまい、母と一緒に女湯で入浴しました。
e0020525_13282733.jpg

お風呂上りも気持ちよく寝入ってしまっています。
e0020525_13293720.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 13:31 | 大分県

温泉地名不明

e0020525_21401832.jpg
へビン湯です。
なんだか来るたびに様相が変化しています。
湯だまりが4つになっていました。
霧雨が降っていて丁度よい気候です。
奥まで車で上って徒歩5分、誰も折らずのんびりです。
近くの鍋山の湯は入り口の空き地が車で大渋滞とても登る気にならずに別府に来て初めてスルーしました。
ここへビン湯は本当に静かに入浴できます、何時も朝食を持参して此処で食します。
野鳥の鳴き声がのどかでいいねぇ。
桜歌君にも優しいお湯の温度です。
[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 13:06 | 大分県

明礬温泉になるのかな?

墓場の裏のつるの湯です。
e0020525_12512856.jpg

最奥まで車でいければ徒歩5分くらいです。
時期によりお湯が出なくなる野湯です。
野湯というよりは無料の露天風呂風共同湯といった感じです。地元の常連さんが常に入浴していて人がいなかったことがないですね、此処。
近辺には他にも似たような野湯と呼ばれるものがありますが、ここは簡易的ではありますが脱衣場もしっかり設置されており女性用の脱衣場もありました。
入浴中ずっと創価学会らしいおばちゃんが公明党に投票してくれとうるさくてのんびり出来なかった。
e0020525_12564599.jpg

でも湯場はいい感じです。
9月1日の朝風呂でした。
[PR]
by oukatyan | 2005-09-06 12:57 | 大分県