温泉写真とかいろいろ載せようと思います


by くろちゃん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

十谷温泉 源氏荘

山梨県と静岡県の狭間辺り。
近くには下部温泉などがあります。
今回は山梨の温泉で遊んだ帰り道に立ち寄りました。
今回利用した十谷温泉の源氏荘の近くには他に同じ十谷温泉の十谷荘と山の湯という鉱泉の宿があります。
源氏荘はこれで2度目だったかな?随分昔のことなので忘れてしまった。
十谷荘は立ち寄り入浴を断られること数十回。もう訪問することすら最近はめんどくさい。
本当に立ち寄り入浴を受け付けているのかすら怪しい。
e0020525_21572863.jpg

実に久しぶりに訪れた源氏荘。正面玄関のあたりには蛙の石像が沢山、玄関左手には飲泉場があります。全く印象に無い。様変わりしたのかな?
日帰りでの入浴をお願いすると露天風呂か内湯のどちらかのみの利用で、2時間で1000円とのこと、桜歌君(生後3ヶ月)も入れるか聞くと最初に受付していた若い衆はアルバイトだったようで判断できずご主人が現れる。
ご主人によるとお湯が強いので子供の肌にはきついかも、出来たら止めたほうが、といった感じ、こちらとしては全て了解で来ているので、まあお湯にはそんなに入らないしタオルで浸す程度と説明し了解を得ることが出来た。
このときに露天風呂の利用を申し出たのですが、なにか頑なに館内へ足を運ばれるのを拒んでいるように感じました、なぜだろう?
e0020525_2264692.jpg

露天風呂へは宿の裏手にあるつり橋を渡っていくことになります、宿の脇を流れている川は割りと幅広でつり橋からの高さは結構ある、その上簡易的な感じの橋で大変怖い。
歩くとすごくはねてトランポリン状態。桜歌君を抱いている母は慎重に行きます。
父は荷物もち、高所恐怖症で足が進まずさらに慎重に進みます。
わたりきり、少し歩くと木造の小屋が見えてきます、そこが脱衣場になります
e0020525_22125195.jpg

露天風呂は混浴となります、だから利用したんだけどね。
さすがにまだ桜歌君を1人で風呂に入れるのは難しい。男女別の浴場でも他に利用客がいなければ何とかこなせるけれど、やはり他に人がいるとまだまだ難しそうです。
実際、混浴とはいえ赤ちゃんを連れての入浴も少し無理がありそうです。
嫌がる客がいるのは確かのよう。(泣かずにおとなしく楽しそうに入浴してたけど)
来月の温泉めぐりのため実践してみましたが、すこし対応策を練り直さねば。
後ろに写っている湯口の女性の石像はずっと河童だと思っていました。
メスの河童が桶をもっているんだと。
その脇に飲泉用のお湯が出ています。
だついばにはか温、ろ過循環ありと記載がありました。
この飲泉用の湯が出ているあたりでまったりと入浴してきました。
e0020525_22221077.jpg

お風呂上りの桜歌君です。良い顔をしています。
[PR]
by oukatyan | 2005-08-16 22:25 | 山梨県
増富ラジウム温泉へ向かう途中にあるみずがき湖のほとりにあります。
小さな公園のようになっており駐車場もありました。
駐車場から湖のほとりに降りていくと、この湯の薀蓄の書かれた大きな看板があります。
湯はその横でかなりの量が掛け捨てられています。
e0020525_2355592.jpg

地中から伸びているパイプの先には小さな浴槽?(恐らくプランター)があり何のためかは良くわからないが一度湯は溜められている。
e0020525_239876.jpg

透明な湯はかなりの量パイプから出てくる、においは特に無い、湯に触れるとかなり冷たい
プランターは良い大きさなので桜歌くんは余裕で入浴出来るサイズですが、少し湯が冷たすぎる、ついでにもが大量に発生してすごい状態になっている。
e0020525_23144120.jpg

コケや藻の掃除をして綺麗にしてきました。
桜歌君の入浴は無理、足湯だけ。
掃除している間にかなり沢山の方が此処を訪れてくる。
ペットボトルを手に持ち湯を汲んでかえる人が多い。大量に飲んでも大丈夫なのでしょうか。
私たちも飲んでみました、塩水に炭酸を溶かしたような味です、あまり美味しくは無い。
e0020525_23194220.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-08-15 23:19 | 山梨県
今回は山梨県の須玉町にある増富ラジウム温泉に遊びに行きました。
今回利用したのは古湯 金泉湯です。
父と母は何度か過去に訪問しています。
増富の温泉宿が並ぶ道を登ってきて途中からわき道を登っていきます。
駐車場まで車で登れるのですが(当然なのですが)道が狭いので注意です。。
車を止めて宿まで少し歩くことになります。
e0020525_22153519.jpg

結構坂のきつい道です。
重たくなった桜歌君を抱えて上るのはしんどいです。気温は31度。でも木陰は割りと涼しいです。
歩くこと10分ほど、宿が見えてきました。
e0020525_22172395.jpg

玄関前で記念撮影。
桜歌くんは気持ちよく寝てしまっています。
e0020525_22193691.jpg

此処は湯治の宿です。
効能が全国的に知られており、いろんな方が入浴されに来ます。
お風呂が混浴のものと女性用の内湯になります。桜歌君が入浴するにはハードルが少し高めです。
入浴をお願いすると受付では何時も「うちは混浴ですがいいですか?」と聞かれる。
子供の入浴は大丈夫なのか聞くと良いとのこと。桜歌くんは無料でした。
お盆の時期をはずし平日で尚且つ朝の早い時間をねらって訪れ、他のお客さんと遭遇しないように出来る限り人のいなさそうなときを狙った。
が、、
大混雑。女性用も混雑。桜歌君の入浴は止めようかとも考えたけどレッツトライ。
掛け湯でぐずりだす、源泉の浴槽はもう入れないくらい人が入っている。
仕方ないので加熱されているほうへ、桜歌君には少し熱め、壁のスイッチを入れるとこの加熱槽のほうにも源泉が投入されて湯加減の調整が出来ます。
湯治客らしき方が声を掛けてくれたので甘えて少し温くさせてもらう。
しかし、桜歌君、入浴すると同時に泣き出す、結局このときはお風呂でおっぱい飲んで退散です。
仕方ないので父と母だけ変わりばんこに桜歌君と待機、順番に入浴することにしました。
そんなことやっているうちに女性用のほうが誰もいなくなりチャンス。
母は桜歌君を連れて入浴。今度は桜歌君も静かに入浴出来たようです。
ただ、源泉槽は桜歌くんには刺激的で最初は少し冷たそうにしていたようです。
タオルに浸してお腹のあせもを拭いたりしてました。
e0020525_22374181.jpg

上の写真の桜歌くんは少しかわいそう。足がヒヤッとしてびっくりして泣き出すところです。
e0020525_22391499.jpg

お風呂上りは体がぽかぽか、桜歌君も気持ちよさそうにしています。
[PR]
by oukatyan | 2005-08-15 22:39 | 山梨県

伊東温泉 大東館

御食い始めと伊東の花火見学のために伊東温泉に行きました。
父の実家が伊東であります。
花火は夜遅い時間からなので、始まるまで時間があり、せっかくなので温泉に行きました。
本日の温泉は大東館です。
e0020525_14455128.jpg

この温泉旅館は日帰りでも利用できる貸切のお風呂が3つあり生ます、貸切風呂は全て貸切料金無料であいていれば自由に制限時間なしで利用できます。
入浴料金700円、タオルなど借りると1000円です。
日帰り入浴受付時間は14時~22時まで。(最終受付21時)
訪問日は伊東温泉の夏の花火大会の日で、この大東館さんも宿泊のお客さんで大変な込みようでした。
いままでここの貸切風呂を利用して空くのを待ったことが無かったのですが今回はさすがに30分ほど待ちました。
3つある貸切風呂で今回利用したのは感慨にある露天風呂です。
e0020525_14523889.jpg

4本所有している源泉の混合泉ですが掛け流しのようです。
湯の温度も適温で桜歌君にも優しい。
e0020525_14551100.jpg

なかなか快適なお風呂ですが掛け流しになっている湯が脱衣場付近の床までぬらしてしまっているので着替えが少し大変でした。
e0020525_14561229.jpg

大東館さんの近くにはいとう温泉の共同湯の一つ、小川共同浴場があります、徒歩1分です
[PR]
by oukatyan | 2005-08-12 14:56 | 静岡県

土肥温泉 湯の花亭

海水浴の帰りに体を洗いたくて立ち寄りました。
此処はばばが良く立ち寄り湯する旅館で海水浴場のすぐそばになります
近くには土肥金山などもあり子供を連れての観光の際には便利な立地です。
e0020525_1034881.jpg

「畳の宿」というコンセプトの旅館で館内いたるところに畳がしかれています。
こども4人大人4人の団体さんでご利用です。
小学生以下は無料。桜歌君此処も無料でした。
しかし、大人1人1500円の料金は高い。オフシーズンは1200円。
受付近辺で写真撮影。後ろの方はお上さんのようです。
e0020525_10175338.jpg

お風呂です。
8人で利用ですが父以外は皆女風呂へゴー。
女性用内湯です、内湯の湯船は船の形をしていますが女性用のほうは湯船の中がコンクリート
男性用のほうはコンクリートの上に木がはってあります。
7階の浴場は展望が良く水平線や先ほど海水浴でいた砂浜などが見えます。
e0020525_1020404.jpg

女性用露天風呂です。
湯船の中にも畳が強いてあります、浴室の洗い場の床なども全て畳敷き、子供たちは楽しかったようです。
e0020525_10223178.jpg

お風呂上りです。
無料の麦茶が用意されています。
浴室入り口の辺りが待合場所兼休憩場所となっています。
桜歌君は湯上り気持ちよくなって大あくびです。
e0020525_1024539.jpg

[PR]
by oukatyan | 2005-08-09 10:00 | 静岡県

土肥温泉 土肥温泉丸

土肥温泉に海水浴と温泉入浴をかねて出かけてきました。
桜歌君はまだ海水浴は無理、父に抱かれて海水に足をつけますが水が冷たいので、足を引っ込めてしまいます。
土肥温泉の海水浴場には温泉を利用した温泉プールのほかに夏場だけ入ることの出来る
「土肥温泉丸」という舟の中に温泉を溜めた湯船が設置されます。
今回は桜歌君はこれがメイン。
共同浴場の「屋形共同浴場」の近くに設置されている温泉丸に入浴です。
e0020525_954412.jpg

日差しが強いので桜歌君は帽子をかぶっています。
ついでに水遊び用パンツ着用。
温泉丸は2艘1組で700~800mの砂浜に計3組6艘設置されています。
桜歌君最初は気持ちよさそうに入っていましたが、起きてきて動きまくっています。
帽子が取れてしまいました。
e0020525_9561262.jpg

なのでお母さんと交代です。帽子も着用。
桜歌君すごいぶーたれてます。
e0020525_9572163.jpg

砂浜にはシッカリ泉質表なども掲示されています。
e0020525_9582810.jpg

源泉と水の両方が掛け流しにされていて湯の温度は37~39度くらい桜歌君には適温でした。
[PR]
by oukatyan | 2005-08-09 09:44 | 静岡県
先日の箱根小涌園ユネッサンや大雄山に続き今回も強羅の近くの温泉に行ってきました
家から近くて便利なんだよね。
今回は 二の平温泉の「亀の湯」さんです。
父と母はかなり昔に一度入浴させてもらっていますがその時は男女別の浴室を使用しました
この亀の湯さんは共同浴場として機能しておりニノ平温泉の湯元となっているようです。
e0020525_19335678.jpg

強羅の駅から小涌谷温泉へと抜ける途中にあるのですが看板が無ければ気がつかないかもしれません、しかし、シッカリ駐車場もあるのでそれなりの規模の共同湯です。
玄関を入ってすぐのところが受け付けですが大体誰もいません、一見のお客さんはほとんど来ないので常連さんの訪れる時間以外はおくの座敷で休んでいるようです。
この日も平日の昼間であったので本来ならお客の来る時間ではないので、お客さんどころか管理人もいない状態でした。
叫び続けること数分やっと管理人のおばさんが出てきた、話によるとどうやら郵政民営化のニュースを見ていたらしい、第一声がいらっしゃいませでは無く「民営化否決されたよ」でした
面白い人だ。
さて、お風呂ですが今回は桜歌君と一緒なので少し料金が高くなりますが家族風呂のほうを利用しました。誰もお客さんがいなかったので男女別の内湯も貸切で利用できたのですが、まだ1人で桜歌君をお風呂に入れながら自分も楽しむのはきつそうなのでやめときました。
e0020525_19514976.jpg

まず、母と桜歌君で入浴です、70度の源泉は細く掛け流しにされていましたが先客がいらしたようで、適温になっていました。家族風呂ですが実は男女別の浴室と比べて大して大きさは変わらないのですが3人ではいると実は狭い、といっても家の風呂よりは少し大きいか。
2人でお風呂に入っている間に父は他の浴室の見学です。
e0020525_19561897.jpg

父と入浴です。
本当に湯に浸かっている間は泣かないな。
楽しそうに笑っています。
気持ちいいのかな?お腹にあせもが出てきたので温泉で良くなると良いな。
e0020525_19573878.jpg

皆で入りました。
せまっ。
実は此処の浴場はお湯を実に大切にしています。
張り紙などで加水、加温についての注意事項が掲示されています。
3人で入ると半分くらいお湯がこぼれてしまいました。
でもたまには皆で入りたいしね。家のお風呂では無理な芸当です。
e0020525_2022647.jpg

抜けてしまったお湯が溜まるまで父だけ残り入浴。桜歌君と母は先に上がり玄関付近の休憩場所で涼んでいます。
e0020525_2025426.jpg

管理人の面白いおばさんと桜歌君、このおばさんの母子手帳が無くなったという話で延々会話が続く。。
お湯は温めでしたが、良く温まり、なかなか汗の引かない温泉です。
桜歌君の脱水が気がかりでしたが帰りの車中では気持ちよさそうに良く寝ていました。
e0020525_206143.jpg

ちなみに料金は通常550円子供400円家族風呂は750円子供400円
この日は1900円なり。桜歌君も子供料金でした。
2回目だねお金払ったの。
[PR]
by oukatyan | 2005-08-08 20:07 | 神奈川県
かねてから狙っていたお寺のお風呂にやっと入浴できそうです。
本当は二ノ平温泉の亀の湯に行こうかと思ってたのですが、取り敢えずお寺のほうを電話確認したところ入浴できますよとのことで予定変更していってきました。
e0020525_23331413.jpg

此処へくるまで車の中で寝ていた桜歌君は少し不満そうな表情です。
実は此処までは過去に1回来ています。そのときは電話確認しないで来て見事に玉砕しました
e0020525_23354281.jpg

住職さんが受付をしていた頃はこの木板を3回叩いて用があることを告げていましたが
最近は住職さんの姿はほとんど見ることが無くなりました。
叩くまねだけしてみました。
玄関のカーテンが開いているのを久しぶりに見ました、うれしいな。4月に入浴して以来、十数回玉砕しています。(電話確認をしないでお寺まで行ってます)
電話で確認すると留守電で暗い声で住職の声が流れます、お昼頃にかけてこれが流れるとその日はまず入浴の受付は無いです。
e0020525_2340574.jpg

さて、お風呂は誰もいない様子で、まず、混浴の露天風呂のほうを利用しました。
露天風呂の脱衣場は男女共用になります。脱衣棚に桜歌君を寝かせて服を脱がせます。
露天風呂はぱっと見湯口の湯の投入量が多くなった様子、湯船に足をつけるとかなり熱い
これは桜歌君は厳しそう、露天風呂においてあったパイプを使ってお湯を外に逃がして湯船のお湯を攪拌しまくりです、何とか桜歌君もは入れそうな温度まで下げてやっと入浴です。
e0020525_23471320.jpg

しばらく誰も入浴していなそうな感じの上この日の一番風呂だったようです。
入浴の受付時間もあいまいでおばさんもお昼からとしか言わないのでチョッと困るな。
こちらからだと正面の山がよく見えます、反対側は草木が伸びていて少しアブが飛び交っていました。
此処では始めてみたのですがトンボも飛んでました。
桜歌君始めてだね、蜻蛉見るの。オニヤンマで桜歌君の顔くらいあります、赤ちゃんにしてみたら充分脅威かもしれません。
桜歌君はお風呂に全身つけるとあまり長湯できなくなってしまうので少し入って涼むの繰り返しです。
e0020525_23553688.jpg

みんなで撮ってみました。
桜歌君はそっぽを向いています。
e0020525_23565515.jpg

しばらくして込み合ってきたので桜歌君は女性用の内湯へ退却です。
でも皆さん、良く今日入浴受付しているの知ってるなぁ、確認したのだろうか。
たまたま来てあいていたのならすごいラッキーな人たちです。ほとんどつきに数回しか現在受け付けていないのです。

e0020525_084793.jpg

母と桜歌君は先にお風呂を上がり畳の休憩室で休んでいます
桜歌君はお風呂上りで気持ちよく寝ています。
e0020525_042869.jpg

今晩の花火見学用に甚平に変身。
頭がモヒカン風です。
ああいい湯だったなぁ~。
[PR]
by oukatyan | 2005-08-04 12:42 | 神奈川県